フレデリック君だ!

カトリックからイスラムへ

名前も書いてないし、「一体誰だろう」と思いつつ開封してみても差出人の名前がない。どこかで見たことのあるような添付の写真。よく見ると、驚いたことにあの京都でのインターフェイス駅伝で次の走者にタスキを渡す場面。

改めて本文を読み直してさらに驚いた。「休暇でフィリピンに帰国し叔母のシスターマリアにも会いました。」30年も昔からよく知ってるシスターではないか。「ということはもしかしてあの時の甥の神学生?」

改めて署名に目を向けるとやはりあった。先ほどは気づかなかったが、手書きのサインに隠れた名前は「フレデリック・バスコ」。「あのフレデリックくんだ!」思わず声を上げた。

2004年といえば今から11年前、当時神学生だったフレデリック君の援助をおばさんのシスターに依頼され、写真が壁にかけられている。写真を見るたびに「どうしているんだろう」と思っていたのだが、すでに司祭になつていたとは!

Googleマップで住所を調べてみたらオーストラリアのシドニー近くの小教区であることもわかった。そういえばずいぶん前に「オーストラリアに来ています」というメールをもらったようにも思う。どんないきさつがあったのかは知る由もないが、そのままオーストラリアに残ったものと思われる。それにしても、「一言あっても…」と思う。

ま、元気なようでなにより。早速、返事のメールをした。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする