秋が深まった吉野台地の子どもたちは元気溌剌園庭をかけて「おしごと」に備える

モンテのアサレン

モズこんなにも愛らしい小鳥だったとは!

モズがこんなにも愛らしい小鳥だったとは!

30年前、私立幼稚園協会研修大会でを訪問した時のことだ。先生を先頭に園児たちが全速力で園庭を走っている姿に衝撃を受けたものだ。当時は朝の静かな時におしごとに専念してもらうのが鉄則だったからだ。ところが、30年ぶりに帰ったこの吉野で同じことをしていることに驚いたワケ。もっとも、補助の先生が見守るだけで、子どもたちはそれぞれマイペース、という違いはあるが。考えてみると、早い子で8時半頃には登園するので、ながい子で3時間近くも部屋での活動に拘束されることになる。そういう意味では、事前の軽い運動は、むしろいい準備になるかもしれない。

 

Podcast---最近の5エピソード

※プログラムの都合上ここに最新号が反映されるまでにおよそ7時間かかります。今すぐ最新号を聴きたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

  • 2月24日ミサ説教音声
    ヤコブ3.13-18「あなたがたの中で、知恵があり分別があるのはだれか。その人は、知恵にふさわしい柔和な行いを […]
  • 2月23日ミサ説教音声
    マタイ5.38-48「- 敵を愛しなさい 43 「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じ […]
  • 2月22日ミサ説教音声
    マタイ16.13-19「人々は人の子のことを何者だと言っているか。」....「あなたはメシア、生ける神の子です […]
  • 2月21日ミサ説教音声
    マルコ8.34-9.1「・・・自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失 […]
  • カワラヒワの鳴き声
    車の音も入って聞き取りにくいが。
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする