久しぶりに吉野教会黙想会に。僕にとっての新顔が数人。小教区が生きている証拠

Y君のミッション

懐かしい吉野教会聖堂

確かに高齢化は進んでいる。それだけに、落ち着いた信仰の姿を見ることができた。説教にしても、その後の講話にしても、聞く姿勢が真剣。聞いてもらっているとの実感は大きい。つい、長話になってしまった。そんな中で、今では社会人になった生きのいいY君が侍者を務めてくれた。「きつい仕事だけど、皆さんの喜ぶ姿にやりがいを感じている」という言葉がうれしかった。Y君のミッションは老人ホームでの宣教。イエス様からの平和を分かち合っている。

敬老パワー

黒いモミジ?

黒いモミジ?

お昼の弁当の時間に、「ここにいる人たちはみんな70歳以上です」と主任司祭がささやいた。運転免許証更新時の認知症検査の話になった。「Nさんはまだでかすか?」「何をおっしゃいますか。とっくに80を過ぎています。」一同口をそろえて、「若い!」とくに女性陣がそうだが、朗読のHさんはゆっくりはっきりした口調で老いを感じさせなかった。高齢者に完敗!いや、乾杯!下手をしたらホントに完敗だったりして。午後のMEは珍しくお世話係夫婦とボクの三人だけ。前代未聞。でもいい分かち合いができた。

説教音声

 

 

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする