それでも!Blog

それでも!Blog

電通戦略十訓というのがあるそうで、いかに消費させるかの憲法?

「日本人の欲望を必要以上に駆り立て、 狂わせるメッセージそのもの」と断じるネットでの書き込みもあるが、今読んでいる本の解説を見るとボクには悪魔的奸計のように思えてならない。いくつか紹介してみよう。 もっと使わせろ。無駄遣いさ...
それでも!Blog

御領ヶ池に水鳥たちがいなくなっても二反田川はやっぱり豊か

野鳥撮影はビデオカメラではなくやっぱりパワーショット このところ、十数年前購入したハンディービデオカメラをポケットに入れての身軽ウォーキングが気に入っていた。皆さんにはどうでもいいことだとは思うが、やっぱり、少々重くてもやっぱりパ...
それでも!Blog

夢を実現した若者の話は今朝の福音のみことばを思い起こさせた

逃げた私は漫画家になれた 朝日デジタルのこの見出しが目にとまった。なになに・・・、読んでいくうちに次第に引き込まれた。著者は専門学校で漫画を学んでいる若者。奨励賞を何度も受賞した優秀な学生。ふと気がついた。大賞や佳作など上の賞が取れないの...
それでも!Blog

原稿を読まずに語れる首脳を、日本人がいつまでたっても選ばない

のは何故か?と続く。毎日新聞デジタル版より。 そうそう!とまず言いたい。現役時代、中学校から大学まで卒業式には声がかかった。当然祝詞を述べるのだが、原稿にしたことがない。メモはテーブルに置くのだが、それも気休めでほとんど目にするこ...
それでも!Blog

久しぶりのウォーキングはやっぱり気分転換になる少し大げさだが出会いがある

室内での固定自転車こぎにはそれがない そんな言い方はよく利用する者として自転車に申し訳ないが。こうした動かない自転車のことをエアロバイクというらしい。鹿児島時代求めたものを、天気が悪いときには未だに愛用している。 久しぶりにいい天気...
それでも!Blog

またまた遠い国の話になるが、やっぱり深くナイワケがあるんです。

そしてまたも昔話になるので気が引けるのだが 確か、1977年だったと思う。当時ボクは鴨池教会の助任司祭。多くの若者がミサ後司祭館に集まって主任司祭を囲みコーヒーを飲むのがお決まりのコースになっていた。情報交換や四方山話と楽しい交流のひとと...
それでも!Blog

リンチという言葉は誰もが知っていると思うが日本語では私刑と書く

しかしリンチが人の苗字ということを知る人は少ないと思う それはどうでもいいことなんだが、いま読んでいる「偉大なる後進国」アメリカ、という本による。リンチという人が始めたからということらしい。そのいわゆる私刑は今も生きているというか...
それでも!Blog

美しい山の話の締めくくりが”トイレ騒動”で申し訳ない感じはするのだが

その前に少しおさらいが必要になった 日記を頼りに毎日のように書いているが、ふと「何日目になるんだろう」と思って原稿に目をやると、12月17日にバギオから山に入ってパリーナで一泊、バクンで一泊、そしてアンプソガンで一泊ということでまだ三日し...
それでも!Blog

あちこちで水害の被害が出ているようだがアフガニスタンでは国崩壊

また恐怖政治が戻るのか 空港に殺到する人々をみると胸が痛い。民主化したとは言え、汚職など社会的腐敗もひどかったらしい。タリバン復帰を喜ぶ人々がいるというから遠すぎる国の実情は分らない。緑化事業に献身されたあの中村先生が尽くされた国だけに残...
それでも!Blog

多湿の指宿から1600m級の山岳地帯に戻ってみることに

涼しくなりそう 高校生のレオ君とピオ君は、ずしりと重たいミサの奉納物、それにシスターと私の荷物を大汗をかきながら担いでくれている。二人は一行の先頭を歩きながらなにやらおしゃべりしている。 時々後ろを振り返って笑い声を上げたり...
タイトルとURLをコピーしました