2015-01

それでも!Blog

ワクワク

講師の話は、慣れないせいかついていくのに苦労した。ともあれ、今年秋のシノドス(世界代表司教会議)に向けての昨年の臨時シノドスのまとめは興味深かった。まとめが、即本会議のたたき台になるのだという。 教皇の質素で弱い人々に寄り添う司牧姿勢...
それでも!Blog

信者は先を行っていた

家庭の召命と使命。シノドスのテーマは極めて今どきのイシュー。結婚と一口に言っても、その実態は把握に難い。同性婚なる言葉がでる時代。 バチカンでなくても苦慮するのは日本の教会も他人事ではない。単に社会問題としてだけでなく信者にも...
それでも!Blog

ヒンズーの寛大さ?

ゴアという文字が目に留まると思わず、「オッ」と立ち止まってしまう。先月のゴア巡礼がまだ生々しいからだと思う。 今月9日配信のUCANEWS、まず目に飛び込んだ記事は、 “ゴア州政府の援助を巡り信者分裂 “というものだった。 実は...
それでも!Blog

教会はNGOではない

教皇の英語は、専門用語が出てきたりして思わず辞書に手が伸びるが、素人の自分でも、「この人の英語正しい?」と戸惑うことは多い。 「フィリピンの人々にはどんなメッセージをお持ちですか?」と聞かれてお答えになったのは「the poor」(貧...
それでも!Blog

感動訪問記

私たちフィリピンの人々はパパ様のお話を聞いて沢山のことを学びましたが、パパ様ご自身は私たちから何か学ばれたことがありますか?マニラからローマに帰る機中での記者の質問。教皇が答えられたのは「人々の仕草」。 熱く語られた教皇のことばから自...
それでも!Blog

開花宣言

昨日日曜日の昼下がり、とあるところを歩いていると梅が七分咲き。一週間前だったか、太宰府天満宮では一輪開花とあったが、鹿児島はさすがに南国。もしかしたら、早咲きの種類という大宰府の飛び梅よりも早くに咲いていたのかもしれない。 かつて、若...
それでも!Blog

あれもこれも

数年前、ある国では、トイレはなくても携帯はもっている、という記事を読んで、携帯が急速に普及したことに対する揶揄めいた笑い話ぐらいにしか思はなかった。 今日開いた、月刊誌のある記事のタイトルは“21世紀、トイレの利用より多い携帯”という...
それでも!Blog

ME参加者にはよく分かる話

連日、と言っても2日間だけだが、10時ごろまでのセッションはやはり疲れたらしい。今朝起き出したのは9時半。 今回のMEでボクにとってもっとも意義深かったのは、空港や銀行でどうしてすぐにムッときたりカチンときたりするのか、そのワケが判明...
それでも!Blog

カクカクシカジカ

羽田行きは12:35。手元のシートには12:50とあって驚いた。 「すみません。12:25に空席があったら代えたいのですが。実は、カクカクシカジカ…。」 「見せていただけますか?…これは、安くで買われたチケットなので変更できません。...
それでも!Blog

ナザレ園のこと

慶州ナザレ園。聞いたことがあるようにも思うが、思いがけなところからかなり詳しいことを知ることができた。いつも機関誌を贈呈してくださる立正佼成会から今回佼成新聞の贈呈を受けた。 カトリック新聞とおなじ週刊紙。その第5面に紹介されていたの...
タイトルとURLをコピーしました