信仰の基本的なパターンを教えたアブラハムは信仰の父として今も健在

信者の合い言葉

日だまりの中で

日だまりの中で

一族と別れて古里を後にしたアブラハム一家の足跡こそ、離れて従う、という数千年にもわたって引き継がれてきた信仰のパターン。それは、新約に入って、まずマリア様の「なれかし」に引き継がれ、子どものイエスさまに引き継がれ、そして、ガリラヤ湖で漁を生業とする弟子たちに引き継がれた。「私についてきなさい。人間をとる漁師にしよう」と声をかけられたペトロとアンデレの兄弟は、「すぐに網を捨てて従った」(マタイ4.19-20)。アブラハムと全く同じ行動パターン。そして、これを引き継いできたのが教会であり、私たち信者。で、私たち信者の合い言葉は自分のエゴを「離れて従う」。

また来ます

鰹節工場で働くベトナム人女性は10人ほど。一番若い2人は日曜日のミサをほぼ欠かさない。30分ほどのカテケージスを終わって司祭館に戻ると、二人を囲んでの茶話会が始まっていた。聞くというと、2人は、この3月で3年の契約が切れるので、帰国するのだという。一人はいったん帰ってまた来るのだが、場所は未定。もう一人は、帰国しなくてもいいそうなので、そのまま山川に残るのだという。和やかなお茶会とはいっても、日本語の聞き取りが十分ではないので、自ずと二人だけの会話になってしまう。スマホで何かやり取りしているので、聖書のアプリを教えてあげようとしたのだが、ボクのスマホにラインを見つけ、手にとってなにやらいじり始めた。二人で楽しそうにおしゃべりしていると思ったら、「ハイ」と言ってスマホを帰した。見ると、チャッカリ、オトモダチに入れてあるではないか。記念撮影の後、「3年間ありがとうございました。また来ます。」キチンと挨拶して教会を後にした。分かれて、ふと思いついたので、今朝の説教音声を先ほどのラインで送ってあげた。しばらくしたら、ウサギさんの「嬉しい!」スタンプが帰ってきた。そうだ、毎日の2,3分の説教も送ってみよう。そして、来週感想を聞こう。これって「責める宣教にならない?」

ミサ説教音声

https://anchor.fm/pken/episodes/38-ebbdc3/a-a1lm2u4

 

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする