神様からの祝福の大雨の中、一年がかりの新園舎建築がついに祝別落成の日を迎えた。

町の中心に新しい顔

国分幼稚園園舎正面

国分幼稚園園舎正面

昨年3月、旧園舎解体にはじまった新園舎の建築は、12月には竣工し、1月には新園舎での保育を始めることができた。今年卒園した子供たちは最終学期を新しい園舎で過ごすことができたから喜んだに違いない。年度をまたぐことなく年度内の完成というのはドンピシャリの建築計画といえる。計画当初からの行政の協力的な姿勢は、園長には大きな励みとなったことは、頻繁な報告で感じていた。今日は、新旧の市長さんが最前列で仲良く同席された。遠くは屋久島の園長先生も駆けつけて下さって園長を喜ばせた。

オープニングは園児たちが

玄関左のステンドグラスの聖母

玄関左のステンドグラスの聖母

11時、年長児による”かみさまといつもいっしょ”のオープニングで式が始まった。たくさんの来賓に驚いたのかさすがに緊張した面持ちでステージに上がった。感謝状が設計施工の皆さんに贈られるのはどこでもなされることだが、今回は厨房の造作に関わった食器店にも送られた。調理器具の設置は無駄のない効率的動きのために大事なことなのだという。目を引いたのは感謝状そのもの。感謝状といえば、額に入ったものが定番だが、スポーツ競技か何かの賞を思わせる上質のプラスチック製で楯状。もらった当事者たちも初めてだととても喜ばれた。「テーブルに置けるからいい。」パーティーが終わって帰るころには前も上がり青空ものぞくようになった。今日梅雨入り。

オープニング

 

 

 

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする