いろいろあってついにクリスマス、ちょっと早いが、大晦日と新年は目の前。こうして一年が暮れる。

いいクリスマスを

モズづくしで恐縮だが

モズづくしで恐縮だが

大過なく一年を終えようとしているが、司祭たちにとっては、日曜日のミサからクリスマス夜半のミサに日中のミサと目が回るときだ。しかし、今の季節、ボクにとっては昨年までとまるで違う環境を気に入っている。年末大売り出しの喧噪から離れ静かな安らぎの日々は快適そのもの。「司教は引退したら全くの自由」というバチカン大使の言葉をかみしめる日々だ。ともあれ、クリスマスのご挨拶を一言しなければならない。クリスマスセールに踊る世の人々を尻目にひたすら幼子の誕生を祝う準備にいそしむ姿は、流れにさおさす風情があっていい。もっとも、本当のところは定かではないが。昨日は姶良教会の皆さんと教皇の使徒的勧告「喜びに喜べ」の読書会1時間。テーマは、現代世界における聖性への招き。崇高なテーマだ。世にあって世の者でない生き方をわかりやすく説いておられるので手にとって読んでほしいと思う。信者としての生き方の質が整えられること請け合いだ。では、「よいクリスマスを!」と言ったら、「クリスマスはいいに決まっている」と返されたことがあるが。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする