それでも!Blog 一覧

レンズはレンズでも

カメラのレンズが欲しい。花や野鳥を遠くから見るのでなく、手元で子細に観察したいというのが長年の夢。中古の300㎜を手に入れたのは2,3年前。...

記事を読む

ベトナムで見かけた小さなバラ。

情けないやら…

修道女連盟ミサ。はて、何のためのミサだったのか。とりあえず、主日のミサの典礼で説教の準備。第一のエレミヤ書も魅力的。「あなたは腰に帯を締め…...

記事を読む

薄い小さな花弁はかなり傷ついている。

寒中お見舞い

この寒さで、葉書投函以外は引きこもり状態。洗濯もため込んでいるので、日がさしても屋上に出ることもない。司祭大会中止で手持無沙汰二日目の今朝、...

記事を読む

気持ちは2018年

「1月が終わる前に年賀状の返事を書かなければ。」特別の理由があってのことではないように思うが、年賀状を書かなくなって何年になるか忘れた。それ...

記事を読む

つかの間の探鳥会

明光理事会ついでに探鳥会。というのも、もう一人の理事が欠席のため同乗者なしの身軽な出張。8時少し過ぎに出て、9時半ごろ川内川上流にある菱刈カ...

記事を読む

金松邸の蝋梅。

ヒドリガモのこと

2,3日前、たまたま、甲突川で珍鳥発見。形状から見てカモの仲間には間違いないのだが、こんなにも間近で見たことがないので、「どこか北の国から渡...

記事を読む

罪なマイナンバー

フィリピン北部の田舎に住む持病持ちの貧しい青年との付き合いはかれこれ10年になるかもしれない。付き合いといっても、会ったことはなく、もっぱら...

記事を読む

種子島教会の庭先に咲いていた

違えば違うもの

「司教様のお仕事は大変でしょうね。」先日韓国での叙階式に参加した折り、ベネディクト神父さんの家族との会食に同席していた姉上の友人というご婦人...

記事を読む

庭先のナナカマドは今が見ごろ

シスター泣かせ

昨夜のYOUCATは少数だったがそれでも聞く側の熱意に変わりはなく手応え十分。閉会後、主任司祭から「一杯!」の招待を受け、プサンの甘い焼酎で...

記事を読む

十字架の道行考

十字架の道行、と聞けば四旬節ということになっているが、降誕節にしたっていいわけだ。そう思ったからというだけでなく、上の方に小さな字架が掛けて...

記事を読む

1 15 16 17 18 19 20 21 48