郡山健次郎

それでも!Blog

野草と遊ぶ

我が聖書の植物の庭には、おそらく聖書の植物以上の野草たちが生息している。雑草という植物はないということをずいぶん前に聞いたこともあって、それに先日からの後援会?の皆さんからの声が背中を押した感じで昨日は一日中名前の特定に奔走?した。 名前が...
それでも!Blog

ついに名前が

念願の名札授与式。といっても、聖書の植物たち10本のことだが。iPadの聖書で検索すると、聖書の箇所と同時に何か所に登場するかもわかる。たとえば、ぶどうは聖書本文の509か所に出てくることに驚いた。 聖書の世界には2800種類もの植物が自生...
それでも!Blog

ようこそとおめでとう

ベネディクトが来た。いやベネディクト助祭だ。昨年の8月以来なので8カ月ぶり。再会の喜びを交し合ったものの淡々としたものだった。ビザの手続きが進まずさんざん待たされただけに「やっと来れました!」と劇的再会かと思いきや。もっとも、感情を外国語で...
それでも!Blog

大熊ミッション

「土曜日の会食はどうされますか。」「うーん、そうですね、…ま、お願いします」とは言ったものの気が重たかった。山盛りの御馳走が目に浮かんだからだ。みなさんが心を込めた手作りのごちそうはシマ育ちのボクにはどれもリッキングフィンガー*だ。*指をな...
それでも!Blog

息抜きも要識別?

復活祭のあと、連日の出張から解放されたと思ったら、一息つく間もなく、司祭評議会に教区司祭会、そしてコンベンツゥス(司祭総会)。それなりに「有意義で、楽しい話し合い」(司祭の感想)の時ではあった。 明けての昨日、絵画展前の久しぶりの教室も息抜...
それでも!Blog

こども園の船出

カトリック垂水幼稚園が幼保連携型認定こども園として正式な一歩を踏み出した。手渡された入園式の式次第の表紙には「第1回入園式」の文字が。 61回目となった今年の卒園式までに送り出した卒園児は計2,500名。そして、新体制のもとでスタートした第...
それでも!Blog

白百合幼稚園入園式

今年は、各幼稚園の入園式の日取りがそれぞれ異なるため、今週は月曜日から連日入園式や入学式づくめ。おかげで、各幼稚園で父母の皆さんにカトリック幼稚園がモンテッソーリ教育を推進していること、それがいかに素晴らしい教育法であるかを強調できてよかっ...
それでも!Blog

ブランド復活の兆し?

定員増を申請しなければ …。真剣に悩んだ?のがついこの間のようなな気がするが、その直後、アレヨアレヨという間に、「どうしたものか」と頭を抱える自体に。そんな悩み深きカトリック国分幼稚園が巻き返しを始めた。例の政府主導幼稚園改革が背中を押した...
それでも!Blog

白百合のように…

「純心中学・高校入学式。まさに花々に包まれた春爛漫、希望の日にふさわしかった。いくつかの印象深かったことを記してみたい。 純心の前身は聖名高等女学校。日本を追われ、カナダ帰国を余儀なくされたシスターたちが去った後で見たのは、誰がいつ来てもす...
それでも!Blog

悲願達成

27名の入園、20名のスタッフの勢揃い、まるで夢のよう。廃園から一転して継続への路線転換。幾多の困難を乗り越えてカトリック志布志幼稚園が蘇った。そんな思いを深くした入園式だった。 新学期からクラスも縦割りとして本格的なモンテッソーリ園として...