いろいろあって司教会議に滑り込みセーフのはずが25分遅刻でもグッジャブ

前置き

「一筋縄ではいかない!」行きも帰りも実感した今回の奄美ミッション。奇しくも、今回のブイジュ祭が最後となった。最後といえば、今日からの司教会議も最後となる。かなりタイトなスケジュールになるのでyoucatもブイジュ祭もキャンセルしようかと思わないでもなかった。youcatは天候不良という神様サイドでのキャンセル。「ついでにブイジュ祭も」と一瞬心が揺れたものの故郷への思い断ちがたく?信者たちの笑顔も背中を押した。

人を漁る漁師に!

主任司祭が釣ったチヌ

主任司祭が釣ったチヌ

ミサ後の会食はいつもの島唄もなく少し寂しかった。これも高齢化に伴う唄者不足の現象かと。1時間ほどでお開きになり、信徒宅で主任司祭同行の二次会。昨年の1年というもの、信徒司祭の呼吸が合わず、双方共にストレスフルな時期を乗り越え、今では歯車が噛み合って和やかな二次会だった。しかも、釣りとは無縁だったはずの主任司祭が釣りを覚え、魚探を操る信者たちが驚くほどの腕前になっているという。すっかりシマの生活に馴染んでいるのが嬉しかった。そういえば、会食の時出された大きなチヌは彼が釣ったものだった。これからも、地元の生活に溶け込み、信者たちに寄り添う司祭に育ってほしい。「人を漁る漁師に」なってこそ!

ウルトララッキー!

手作りのシマ料理に舌鼓

手作りのシマ料理に舌鼓

明けての今日は、7時のミサ後直ぐに空港に向かった。カウンターに行って我が目を疑った。満席、満席、唯一空席ありは14時台。これだと鹿児島からは18時台ということになる。今日の会議はもちろん新司教たちの歓迎夕食会もドタキャンせざるを得ない。その旨のメールを作成中、カウンターの女性が身を乗り出して声を上げた。よく聞き取れなかったが、側にいた主任司祭がいち早く気がついて声をかけた。「8時45分ありますよ。」「えっ!」後ろに並んでいた人たちもざわめいた。きっと空席待ちの人たちに違いない。「ボクはチケット持ってます!あるなら交換したい。無いというから遅いのにしたんだから。」無意識のうちに声がうわずった。全くの想定外の状況に飛び上がらんばかりの「ラッキー!」だったからだ。イヤ、後ろの人たちのざわめきにタダならぬ気配を感じ取ったので「ボクが先です!」と自己保存本能が働いたというべきかもしれない。

お蔭で、わずか25の遅れで済んだ。

ミサ説教音声

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする