子どもを守ろうとする野鳥の本能にも劣る人間親の劣化が哀しい

カルガモたちは

雄はのんきに川下り。MEでいう既婚独身

雄はのんきに川下り。MEでいう既婚独身

親になる資格のない人間が子どもを産む。そして放置する。そして死に至らせる。極悪非道!と罵りたくなるのはボクだけだとは思えない。厳罰を!とも叫びたくなるが、考えてみると、子どものころ親の愛情をたっぷり受けた記憶が乏しいとしたら極悪非道の過ちを犯したからといってその人だけを責めることはできないようにも思う。親に倣っただけだから。あ、今日はこんな深刻な話をするつもりではなかった。昨日見かけたいつもの二反田川の住人カルガモのことを書こうとしたのだった。ナンデコウナルノ!

カルガモ家族も少子化?

慌てて水に入ったカルガモの親子

慌てて水に入ったカルガモの親子

先日続いた大雨のせいで水量が増していた。これでは、あのカルガモ夫婦もどこかに非難しているに違いない。1時間ほど行ったところで引き返そうとしたそのとき、茂みの向こうになにやら鳥らしきものが動いた。やはり、カルガモ!しかも子連れ!しかし、1羽だけ。カルガモといえばよく目にするカルガモ親子の引っ越し。写真では10羽ほどの雛たちが親鳥の後からついて行く愛らしい光景。二反田川のカルガモ家族も一人っ子政策?なかなか姿を見せない親子にしびれを切らして出直すことに。ところが、200mほど下ったところでひなたぼっこの親子に遭遇。慌てて川に入ってしまったが今度はしっかりゲット。しかし、ここでも雛は1羽だけ。

母は強し

必死に雛を守るカルガモの母

必死に雛を守るカルガモの母

もしかしたら、この間からの豪雨で犠牲になったのかもしれない。胸が痛んだ。そう思いながら更に近づいた。すると、身を隠す葦の茂みもなく、親鳥は観念したかのようによどみでじっとして動かなくなった。シメシメと何枚か撮ってふと気がついた。雛が見当たらない。周囲を見回しても姿はない。避難の早さにすっかり見失ってしまった。親鳥はというと、身を潜めるように首をすぼめてこちらを伺っている。明らかに子どもの盾になっている感じなのだ。やはり、向こう側の羽の下にかくまっているのかもしれない。ともかく、親子を追い詰めているようで申し訳ない感じがしたので観察を止めることに。生むしか能のない生物学的親に見習ってほしい姿だ。

Podcast---最近の5エピソード

※プログラムの都合上ここに最新号が反映されるまでにおよそ7時間かかります。今すぐ最新号を聴きたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

  • 合唱
    今日は特別張り切って鳴いている
  • スズムシ合唱
    昨日よりも今日。日増しに力強さを増していく。
  • スズムシの合唱
    数週間前は頼りなげに鳴いていたが、今では力強く競って鳴くようになった。
  • スズムシの鳴き声
    職員室のジユウニンタチ
  • 3月30日ミサ説教音声
    ヨハネ8.1-11 >1 イエスはオリーブ山へ行かれた。2 朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自 […]
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする