それでも!Blog 一覧

箱根登山電車

機中つれづれ

司教会議にMEの企画会議と続いたので1週間も家を空けることになった。機中の約2時間、両会議をツラツラと思い返してみると、両者の違いは当然とし...

記事を読む

ロープウエイからの富士遠望

会議中なのに?

司教会議なのにどうして箱根?そんな疑問と不信を恐れながらそれでも書くのは何故?話せば長くなるが、神学生になったばかりの年だから62年も昔のこ...

記事を読む

春遠からじ

司教総会始まる。午前中の審議事項は、典礼委員会から出された「祭不在のときの主日の集会祭儀」の緒言と式文。1988年に「司祭不在のときの主日の...

記事を読む

下がロケット。上はトッピー。

荒波を越えて

海が時化た時は離島の悲哀が蘇る。かつて神学生の頃、冬休みが憂鬱でならなかった。冬の七島灘の時化は半端ではない。わずか1500トンの定期船はま...

記事を読む

ザビエル様擁護論

ザビエル様が孤軍奮闘、ついに力尽き傷心のうちにインドを離れ、マラッカに向かわれた。そんな理解を促す記述には、前回述べたように違和感がある。そ...

記事を読む

ヒョンなことからザビエル様

「ルルドの聖母の祝日おめでとうございます」の挨拶で始まるMEインド代表からのメールは各地でのウイークエンド開催やお祈りの依頼など様々なカラー...

記事を読む

新聖堂献堂

久しぶりの国分教会訪問は献堂式。献堂式は三回目。種子島に赴任した1978年の翌年だったか、小さな中種教会献堂式が一回目。前任司祭がおぜん立て...

記事を読む

頑張る明光生

やっぱりあった

洗濯はミサ後の朝6:30過ぎと決まっている。もちろん毎日ではないが。今朝は快晴。早速4階に上がって洗濯機を回した。ミニ盆栽に水をやるべく外に...

記事を読む

病人訪問の帰り道に見かけた春一番。

細部に宿る神

昨日と今日、正平協勉強会。正確に言えば、カトリック正義と平和協議会錬成会。テーマは「福音ってなんだこれだ!」。ちょっと変わったタイトルだが、...

記事を読む

それでも、始まりに乾杯

今日は日本二十六聖人の祝日。「群衆の中のキリスト者の一人が彼に向かって『君は間もなく楽園に入るよ』と叫ぶと、ルドビコは腕と体全体に喜びをみな...

記事を読む

1 14 15 16 17 18 19 20 48