それでも!Blog 一覧

初めてのボホール島は深い緑に覆われ、それ故に水の豊かな稲作の盛んな島

震災はここでも4日目の最後を締めくくるボホール島バクラヨン教会でのミサは印象深かった。四年前の震災で大きな被害を受けた聖堂が修復中のため大き...

記事を読む

思い込みと帽子事件の因果関係はまるで謎解きミステリー

今日からただの人昨日までは二台のパトカーが先導してくれたのに、公式日程が終わり、今日からはプライベートな日程、つまり観光旅行になるからと、た...

記事を読む

公式巡礼2日目の今日は列福後初めてとなる右近殉教記念日。ゆかりのマニラで盛大に。

なんとか間に合った初めての本格的なフィリピン巡礼。鹿児島教区司祭の叙階式に小規模な巡礼団を組んだことはあるが、全国的なものは初めて。つまり、...

記事を読む

第二回鳥たちの身元調査。素人だからこんなにも時間がかかるのは分かるがそれにしても大変!

里の野鳥まとめて紹介なにやかやと、いたらいたでやることがいろいろあってタイで撮った野鳥たちの特定が進まない。ボクには、興味深いことでも、見る...

記事を読む

今年も始まった鹿児島教区司祭大会、といっても会議ではなく勉強会

お坊さんもスマホに夢中テーマは「明日の教会に向かって」…を目指して、でなく…に向かって、がいい。気負った感じがしない。阪神淡路大震災の時、「...

記事を読む

お楽しみだったはずのタイの野鳥たちの名前の特定は意外と難しいことが分かってフーッ

写真でも判別は難しい18日タイから帰国して、早速、撮影した野鳥たちの特定に取り組んだものの、これが結構難しい。「タイの野鳥」と検索すると、先...

記事を読む

タイからの最後のブログはフライトまでのたっぷりの待ち時間の有効活用のつもりだったが

ハラ一杯タイを去るにあたり何が一番印象に残っているかと聞かれたら、第1の目的だった野鳥撮影。綺麗な小鳥たちに沢山出会った。帰ってから一つづつ...

記事を読む

日の出とともに目覚めた野鳥たちの動きは8時ににもなるとめまぐるしさを増し気が置けない

聖地で再会ワット神父さんがミサから帰るや否や「行くよ」と促されて出かけた目的地は1人のカテキスタに2人のシスター、1人の主婦と2人の少女が殉...

記事を読む

タイのミサは典礼を超えて日常生活の姿そのものが反映された生活そのもの

4時半起床階下の物音も隣室から漏れてくるように感じるほど開放的な手作り家屋。5時半に起き出した時は階下のワット神父さんの部屋からは物音ひとつ...

記事を読む

広々とした田園が広がり、さまざまな野鳥が飛び交うタイの東北サコンナコンはボクのリゾート

野鳥の天国ここは野鳥の楽園。鬱蒼と茂る大きな庭先のマンゴーの木には花芽をついばもうとメジロがせわしく飛び交い、写真でしか見たことのない野鳥た...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 64