それでも!Blog 一覧

奄美の山野に自生するラン

異例ずくめのマリア教会堅信式はあのニヒルなイメージの中学生たちが盛り上げた

教会の子供たち昨日26日、マリア教会で堅信の秘跡を受けたのは若い夫婦と中学生8人、計10名のフレッシュな面々。男子5人と女子3人の中学生たち...

記事を読む

ここはもう春。ハハコグサ。

プレミアムフライデー初日を陰ながら喜び政府が人権意識の涵養にますます本気になることを期待しながら

ハナキン?今日は待望のプレミアムフライデー初日。つまり、3時に退社できる日。つまり、ハナキン?「仕事中毒の日本人」は世界的に有名。それでここ...

記事を読む

勉強会で始まった司教総会はトントン拍子で進みあっという間に2日が過ぎた

いいとするか!司教勉強会は午前中、司教用儀典書解説。司教としては式長の指示に従って動けばいいので気が楽だが、式長になる司祭は大変。ミトラの着...

記事を読む

MEでなくても小教区でも生かせるMEの霊性

ME司祭団平均年齢はMEの日本代表司祭を二期6年勤めても後継者がいない。もっとも、待望の後継者が誕生したもののデビューを果たしたばかりという...

記事を読む

阿久根御摂理修道院裏庭の聖母

司教様に聞けば何でも出してくれるドラえもん便利で使い勝手がいい?

サワダケンジがどうした!?「サワダケンジがカトリック信者というのは本当ですか?」「知らんよ」「司教さんなら知っていると思ったので」「そんなの...

記事を読む

庭園師の主任司祭は聖堂前を早速ガーデニング

一番美しい言葉は?と問われ大人も子供も頭抱えた堅信のミサ

大人も悩んだ大人1、高校生3、中学生3、小学生1、合計8人が国分教会堅信の主人公たち。説教はいつものように質問から始まりいつものような展開。...

記事を読む

会場中央から吊るされた二つの紋章

極道に惹かれて功なさずいつしかキリストに惹かれてひっそり逝った幼馴染の清光君が福者ユスト高山右近に重なった

清光君ありがとう午後2時、ユスト高山右近列福感謝ミサ。説教の冒頭で紹介したのは昨日の葬儀の主人公清光君のこと。参列した2時間半の列福式と司式...

記事を読む

火葬場の中庭に実るミニリンゴ

1万人の参列者で祝った列福式のあとは参列者6人だけで執り行った同級生葬送のミサ

福者右近誕生2008年に福者に上げられたペトロ岐部司祭と187殉教者以来となる久しぶりの全国規模の一大イベントは全国から一万人を大阪城ホール...

記事を読む

宮崎MEの仲間の庭先に咲いていた

MEアジア会議鹿児島開催を控えてどんな感じか。それを分かち合うのはどんな感じか。

せっかくの報告だったのに久し振りの宮崎MEには三カップルと一妻、一夫、そして一ゲストという顔ぶれ。分かち合いのテーマは、「MEアジア会議鹿児...

記事を読む

照国神社表参道の歩道の植え込みで

コミットメントが結果への約束できちんと結果を出すと腹をくくって出ていく営業マンの頼もしさ

目からウロコ「その気になってとりくむ」という意味合いで「コミットする」などと言ったりすることがある。その名詞形がコミットメント。教会用語?で...

記事を読む

1 2 3 4 5 48