それでも!Blog 一覧

勝手に思い込む悪癖は治らないどころかますます進化していくようで、思いがけないところに影響も

人騒がせ勝手に思い込む悪癖は治らない。いや、ますます高じていくよう。「あ、ちょうどその日は、鹿児島で開催のアジアレベルの会議の最終日で…」「...

記事を読む

ミサで奉納されたのが大根その他の野菜や魚というのがそんなにも珍しいことだったのか。

電話で祈る「奄美で大きなことがあったそうですね。少し話してください。」毎週木曜日午後8時半~9時(サボリが多いのだが)30数年続いている電話...

記事を読む

四旬節もあっという間に過ぎ、復活祭とそれに続く八日間もあっという間に過ぎた。

駆け足でオクターバ復活祭が過ぎたこの一週間はオクターバ。オタクバーではない。つまり復活の8日間。復活の月曜日、復活の火曜日、…と呼ぶ。毎日の...

記事を読む

今年も故郷奄美での合同復活祭を司式し、ミサ 後のレクレーション 4種目にフル出場

いざいざ喜べ昨日の奄美は曇りでも、終日強烈な日差しの注ぐ初夏の陽気。そんな中、北は笠利小教区から南は古仁屋と200名ほどが参集。10時半、十...

記事を読む

今年の四旬節は帰省ラッシュならぬ帰天ラッシュ。天国のペトロも超多忙を極めたに違いない。

Srアウレリア逝く3月5日の田辺神父さんを皮切りに19日の牧山神父さん、そして今日のシスターアウレリア。日本人だが、あえて修道名だけを記した...

記事を読む

聖香油ミサは司祭職制定のミサ。典礼色は白。聖週間の閑話休題で乾杯!

塗油は生きて働く何となく重苦しい聖週間。それでも息抜きの時がある。それが今日。聖香油のミサ。各地から30数名の司祭達が参集し、11時からミサ...

記事を読む

花見日和の昨日は枝の主日。お昼からは久しぶり甲突川のジュウニンたち訪問

迎えてくれたのは相変わらずアオサギにコサギ、それにオオバンたち。ボクにとっては旧知の仲?だが、今回はこれまでとは違う姿を見せてくれた。先ずは...

記事を読む

花見日和の受難の主日

エルサレム入場ついにというか、やっとというか聖週間が始まった。主任司祭入院のため急きょ主任司祭代行で「主のエルサレム入場の記念」を司式。「代...

記事を読む

我らがカトリック幼稚園八園の卒園式の最後を飾ったのは古前城(こせんじょう)の丘に建つ鹿屋カトリック幼稚園

光の子となるように「ご卒園おめでとう。…心の優しい光の子となって下さい。」大きな卒園証書を読み上げる園長先生の声にも気合が入っていた。緊張し...

記事を読む

牧山神父さん逝くの訃報の一方で500キロ南の徳之島では終身助祭誕生に神に感謝

訃報の向こうで4年ぶりの慶事。徳之島に2人目の終身助祭誕生。「これより終身助祭叙階の儀を行います。助祭に叙階される方は前に出てください。」叙...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 8 68