それでも!Blog 一覧

ルルドを離れてピレネー山脈の向こうパンプローナへの道のりはアルプスの少女ハイジの世界

パンプローナへの道14日土曜日7:30ルルド出発。アルプスを迂回しながらパンプローナを目指す。アルプスの少女ハイジの世界を思わせる急峻な緑の...

記事を読む

大聖堂遠望

あまりにもアッサリ実現した思いがけない結末のルルドの沐浴に身分乱用の誹りを1人身に受けてそれでも神に感謝

身代わり沐浴ルルド初日も快晴。ヨーロッパは今が一番穏やかな季節らしい。ローマでも雨に会うことはなかった。今日の一番の目的はタイトルにある通り...

記事を読む

少しお疲れ?

恒例の水曜日教皇謁見日本巡礼団特別待遇で最前列車上の教皇と目と鼻の先

怒涛の教皇謁見7時にホテルを出て指定の席に着くまで2時間。「日本人は押す国民。外国人は嫌がります。」手荷物チェックまでの過密な団子状態の過ご...

記事を読む

久しぶりのバチカンは相変わらず世界中から人、人、人の波紛れて物乞いの悲しい姿にも対面

新旧統合の町2016年にできたという新しいホテルの名前はTheBuildingというそのまんまでも、外観は数百年の風情に風格はさすが永遠の都...

記事を読む

ミサ前の国分教会この神々しさ!

行くべきか行かざるべきかそれでも行った宮崎MEの分かち合いは斬新さすがME夫婦

笑ってない?久しぶりの宮崎MEは4組の夫婦に1婦+1夫、1留学生(お茶)。分かち合いのテーマは「私たちが最近笑いあったのはいつ、どんなこと?...

記事を読む

福者レオ税所七右衛門殉教の地から終身助祭誕生始まりの式は終身助祭候補者認定式

福者の息吹を受けて北薩の中心地川内と聞けば原発ということになるが、カトリック信者にとって川内と言えば福者レオ税所七右衛門殉教の地。その栄えあ...

記事を読む

中英両国語の解説

あと一息万里の波頭を超えた旅の終わりは終焉の地上川島中国大陸目と鼻の先

中国天主教指南MEアジア会議から帰国以来、中国の教会事情をもっと知りたいと思うようになった。日曜日から始まった司教会議の合間にカトリック新聞...

記事を読む

勉強会①憲法学から見る象徴天皇制と信教の自由②教皇の「愛のよろこび」から家庭の諸事項へのアプローチ

政教分離j先ず、国際カリタスによる排除ゼロキャンペーン初日の開会式。新進気鋭の憲法学者の講義は休みなしの2時間。話は政教分離の解説から。フラ...

記事を読む

初来日のフィローニ枢機卿福音宣教省長官教皇側近のバチカン高官が見た日本教会の光と陰

教皇親書福音宣教省長官フィローニ枢機卿に託された教皇親書で教皇は日本の教会について次のように指摘された。「兄弟の皆さん、わたしは数多くの霊的...

記事を読む

最後の5人目もついに司祭となって念願成就韓国籍でも純然たる栄えある鹿児島教区司祭

小さなハプニング「司祭用祭服に着替えた新司祭は司祭たちから祝福の挨拶を受ける。」前日確認したルブリカ(赤文字の但し書き)にあった。逆だったか...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 59