それでも!Blog 一覧

医療の現場でも素人の感性に共通する感性を持ったドクターがおられた!

病気にならない研究をこそ同じようなことを考える人が医療の現場にいることに驚いた。「同じことを考えている」というのは正確ではないと思うが、少な...

記事を読む

4泊5日の黙想ミッションを終えて、徒然なるままに記したたわいない断想

新しい愛の世界昨日の昼下がり、最終の話を準備しているとき、なぜか突然口ずさんだのが“新しい愛の世界…”馴染みのMEソングで歌集にも載っている...

記事を読む

アジア会議の余韻に浸りながらの溝辺ヨセフ修道院での休養はクオリティータイム

約束の地を求めて昨日の歌の続きはこうなっている。一人一人のための“だれか”がいつもいてくれると人は言うそう、私の人生が尽きるまで世界中を探し...

記事を読む

聖なる者になるように呼ばれているとはいっても遠い道のり

割に合わなかった2時間の舟、2時間のバイク、2時間崖路をたどってやっと着いた教会で待っていたのはたったの5人。思わず叫んだ。「なんだこれは!...

記事を読む

世界を変えるという合言のMEだけあって自らの変革をいとわない

聖性への招きMEアジア会議は、世界統一テーマに基づく養成プログラムで始まる。今回のテーマは「聖性への招き」(CalltoHoliness)。...

記事を読む

けんかのさ中巻き込まれやしないか、周りの心配は杞憂に終わった

ハンセン病対応先進地韓国に来てからカラッとした日がなく、雨っぽい曇りの日が続く。それでも2日目の3日、待望のバードウォッチングが堪能できた。...

記事を読む

キジバトも選んだ!「雨の予想は40%、降った場合の雨量予想は0。えっ!ということは曇りだ」というわけで、保護者による奉仕作業は決行。そう決め...

記事を読む

平和の使者となるべく派遣された宗教家のはしくれとして座視できない

和解のミサを来る日も来る日も「これでもか」と言わんばかりに国同士のけんかの様子が詳報されると、さすがに何とかしなければ。といっても、こちらは...

記事を読む

カルガモにクイナにカワセミ、コサギにアオサギ、命育む二反田川

自然の釣り堀二反田川にはまだいた。大きなフナも住んでいた。今にも降りそうな空模様のもといつものコースを歩いた。ウエノケの領地あたりまで来たと...

記事を読む

信者の問題は何か。端的にいうと,神様を許さないこと?

主の鍛錬今日の第二朗読はヘブライ書。12・5-7、11-13に何度も出てくる言葉は鍛錬。この鍛錬の言語はギリシャ語で「子どもをしつける」とい...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 87